代表笹森 3月コラム

 3月のある日曜日のこと。お茶の水校にて、登壇した説明会を終えてほっと一息ついていたところ、隣の教室から何やらにぎやかな雰囲気が伝わってきます。覗いてみると、ちょうど「集団音楽教室 エキスパートコース」の授業が始まろうとするところでした。そしてそこには、アノネ音楽教室(当時「花まるメソッド音の森」)の開校以来、私自身が3年間教えていた子どもたちがいました。


 さらに、そこに中学受験でしばらく休んでいた子たちが久しぶりに教室に帰ってきて、

「よっ、久しぶり!」

「2年ぶりか?」

「いやいや、さすがにそんなには経ってないな(笑)」

と、和気あいあいと話していたのでした。

他愛もない会話ですが、教室に通い始めて7年目を目前とする今でもお互いつながり続けている子どもたちの姿を見て、心が温まりました。