top of page

【未経験でもプロと共演できる!】オペラ『不思議の国のアリス』キッズ参加者募集

更新日:2023年10月21日



大人も、子どもも楽しめる!人気作曲家、木下牧子が作曲した『不思議の国のアリス』は、日本各地で上演を重ねる名作オペラ。

今回、ともに舞台を作り上げるキッズ&大学生を募集いたします!

3つの部門から選択可能。未経験の方も、自信を持って舞台に立てるよう、スタッフがサポートいたします!

あなたも一緒に舞台にのってこの名作を作り上げませんか?


【POINT✨】

■プロの歌手と一緒にステージに立てる貴重な機会!“プロの仕事”を垣間見ることができる!

■音楽・演劇・ダンスなどを一度に楽しめる芸術である“オペラ”の、裏側を知ることができる!

■「ステージに立って、お客様に喜んでもらう!」というゴールに向かって、コツコツと頑張る経験ができる!


 

■アノネ公式SNSでは、大人キャストからのメッセージを順次公開予定!

ぜひチェックしてみてください✨


♩X(旧Twitter):https://twitter.com/anone_ongaku


■企画チーム 勝野菜生(なお先生)からのメッセージを、本ページの末尾に掲載しています。ぜひご一読ください。

 

【概要】

■ 演目

木下牧子作曲 オペラ『不思議の国のアリス』


■本番日程

2024年1月13日(土)、14日(日)

※上記いずれかより1日ご出演いただきます

※2023年12月~2024年1月に事前練習を行います


■対象

小学1年生〜大学生

※アノネ音楽教室や花まるグループの教室にお通いの方以外もご参加いただけるイベントです。

※アノネ音楽教室にお通いの方は、12月開催の特別授業『クリスマスコンサート』に出席された場合エントリー可能です。


■会場

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-6-1

※練習は千代田区や周辺の会場で実施する予定です。


■募集部門

①ジュニア部門(小学1年生〜高校生,舞台未経験者大歓迎)

お芝居や動き、掛け声を中心にご出演いただきます。

②シニア部門(小学1年生〜大学生,舞台経験のある方,音楽のレッスンに通われている方)

お芝居や動き、掛け声に加え、歌唱でもご出演いただきます。


③舞台サポート部門(小学4年生以上,舞台未経験者大歓迎)

演出スタッフ:劇場運営サポート等、舞台裏の職業体験ができます。

ご希望によって舞台にご参加いただくことも可能です。


■参加費

①ジュニア部門

14,000円(税込15,400円)


②シニア部門

24,000円(税込26,400円)


③舞台サポート部門

14,000円(税込15,400円)


※アノネ音楽教室や花まるグループの教室にお通いの方は、お住まいの場所にかかわらず、千代田区在住のお子さま・大学生と同じ料金でご案内しています。

お申し込み時のフォームにて、情報を集約いたします。


■お申し込み締め切り

2023年10月31日(火)19:00


♪詳細&お申し込みはこちら



■企画チーム 勝野菜生(なお先生)からのメッセージ

“オペラ”とは、一言で説明すると、"セリフをすべて歌うことで表現する劇"のこと。音楽、演劇、美術や舞踊を一気に楽しめる舞台芸術です。

私の“オペラ”との出会いは、高校1年生のときのこと。私が通っていた音楽高校では、毎年定期演奏会でオペラを上演することが恒例でした。キャスト、オーケストラの団員として、生徒だけでなく、先生や卒業生も出演していました。 1年生のときの演目は『ヘンゼルとグレーテル』。知っているお話でしたが、楽譜を見てびっくり。「長いし、歌も伴奏も複雑に感じる。本当にできるのだろうか」と不安を抱きました。 実際、少し練習して歌えるものではありませんでした。舞台の上に立って歌う人たちのプレッシャーは、相当なものだったと思います(ちなみに、私自身はオーケストラの一員として参加しました)。 3〜4か月にわたる練習を経て、本番当日。長い稽古から自信をつけた仲間たちの、堂々とした立ち振る舞い。歌とお芝居、ダンスで作り上げられた、夢のような物語の世界。その舞台の一員として、オーケストラピットからその様子を見上げたときの感動は、大人になった今思い出しても胸が一杯になるほど、強く記憶に残っています。 自分が"作る側"を経験し、どんな舞台にも“あのとき"のような裏の準備があると想像できるようになりました。オペラだけでなく、音楽のないお芝居を見に行くきっかけに。そんなふうに、一気に世界が広がりました。 私が高校生のときの感動を、早い子は小学1年生で味わえると考えると、うらやましいものです・・・! オペラ出演というと、少々ハードルを高く感じるかもしれません。しかし、そのハードルを超えたときに味わった感動は、一生の宝になるに違いありません。 子どもたちが楽しく、ポジティブな気持ちで参加できるよう、スタッフが全力でサポートいたします。皆さまと一緒に、感動を分かちあえることを楽しみにしています! オペラ『不思議の国のアリス』アノネ音楽教室 担当 勝野菜生(なお先生)より




閲覧数:840回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年2月末 お知らせ内容

♪もくじ 【1】コラム - 教室長・講師からのおたより(対象:全会員) 【2】2024年度スケジュール・要項・契約約款会員規約について(対象:全会員) 【3】春休みの楽器や歌の強化プログラム:春のミュージックアカデミー(対象:現小1以上) 【4】東京チェロアンサンブル 5/12(日)公演 アノネ音楽教室会員限定割引チケットのご案内(対象:全会員) 【5】2024年度 検定試験のご案内(対象:個人実

代表笹森コラム 2024年2月『ソリチュード』

『ソリチュード』 先日、指揮者の小澤征爾さんがお亡くなりになりました。世界中から哀悼の言葉が贈られているのを、多くの方が目にされたのではないでしょうか。小澤さんは私の母校である桐朋学園音楽科の第1期生でもありますが、音楽家としての偉業は私が語るまでもありません。私自身も小澤さんの演奏をたくさん観て育ちました。 また、音楽家たちが若い頃に小澤さんの著書『ボクの音楽武者修業』を読んで刺激を受けたことに

リレーコラム:2024年2月『月をさす指』佐藤 泉純 (さとう いずみ)

執筆者紹介:佐藤 泉純 (さとう いずみ)- ヴァイオリン講師 子どもたちからの愛称は”いずみ先生”で、専門の楽器はヴァイオリン。個人実技レッスンやジュニアオーケストラの指導や、ヴァイオリングループレッスンの主導講師を担当。ヴァイオリン演奏だけでなく、中学時代に合唱部を部長として率いてNHK全国学校音楽コンクールで活躍した経験から、やわらかく美しい歌声で合唱や集団レッスンをリードすることも。また、

bottom of page