リレーコラム:2022年6月『真剣勝負のその先に』町田光優(まちだ あきひろ)

更新日:6月30日

執筆者紹介:町田光優(まちだあきひろ)

子どもたちからの愛称は”まっちー先生”。まっちー先生がいると教室がぱっと明るくなり、アノネ音楽教室の設立時から大人気でした。現在高学年や中高生の皆さんにも、小さい頃にまっちー先生と楽しい時間を過ごしたという人が多いのではないでしょうか。子どもたちにはあまり知られていないのですが、実は音楽面では合唱の指揮者として熱い音楽を描きます。花まる学習会の教室長としても150名以上を担当。「授業はお祭りみたいに楽しむもの!」と、学ぶことの楽しさを伝え続けています。

(紹介文:リレーコラム5月号執筆者 濱口実莉)



ーーーーーーーーー


『真剣勝負のその先に』


■ まえがき ■

 アノネ音楽教室が所属する「花まるグループ」では、学力や技能の向上に留まらず、魅力的な人を育てるということを目指しています。私自身はアノネ音楽教室の主導講師やスタッフと、花まる学習会の教室長の両方を担当していますが、どちらにおいても、子どもたちが人として成長できる場を届けられるよう努めております。


 今回は、花まる学習会が主催する野外体験企画*「サマースクール」での子どもたちの成長の様子をお届けします。

*花まる学習会の野外体験は、アノネ音楽教室にお通いの皆さまも参加可能です。


───────────

 スタッフとして参加した野外体験で、花まるサムライ合戦を行いました。子どもたちは刀を持ち、太ももには命の代わりの紙風船を装備し、サムライになりきります。敵を全員討ち取るか、総大将を討ち取れば勝利。最終的に一番多く勝利ポイントを獲得した軍が天下統一=優勝です。


 激戦の2日間を終えて、3日目の最終戦。子どもたちだけが参戦する「子ども総大将戦」がおこなわれました。私の軍の総大将は、5年生のIでした。人柄は柔和で誠実。非常に頼りになる存在です。Iと仲の良い6年生TもIを信頼していたため、Iが総大将になることに賛成していました。


 それまでの経験を活かし、総大将を守りながら戦う子どもたち。そして終盤に試合が動きます。なんとTが敵の総大将を討ち取りました!大きなポイントが入り、順位は1位に。

「よっしゃー!」

天下統一に向けたチャンスを手にし、 子どもたちは拳を高く上げました。しかし、ここでホイッスルが響きます。なんと、Tが敵の総大将を討ち取る直前に、総大将Iが敵軍から逃げている最中に転んでしまい、自分の風船を割っていたのです。総大将の風船が割れた軍は、敗北。つまり、Tが総大将を討ち取ったこと自体が「無し」になりました。


 合戦は終了し、別の軍が天下統一を果たしました。そこには、試合を終えた子どもたち同士の、お互いに健闘を称え合う姿がありました。全力を尽くした結果を素直に受け入れ、笑顔で前を向く姿に、大きな成長を感じました。


 迎えた最終日。作文を書く時間に異変がありました。あと一歩で敵将を討ち取ったはずのTが、総大将Iが転んで負けてしまったことを思い出し、あふれる怒りと悔しさを堪えるように泣いていました。Tを別室へ連れて行くと、畳んである布団に顏を埋めました。

「悔しい気持ちはわかるよ。本気だからこそ悔しいんだよな。でもTが総大将を討ち取ったのは、すごかった。Iが転んじゃったことも同じだよ。Iが総大将として責任を持って全力で戦っていたからだよ。もしTが総大将でも同じことが起きたかもしれないよ」

そう話すと、

「俺だったらそんなことは絶対しない!!」

Tが怒りを込めた強い口調で言いました。

「俺だったら…俺だったら…! あいつが転ばなければ、俺が総大将を倒して逆転できたのに! 最後のサムライ合戦なのに! 俺はいつもこうなんだよ! いいこと一つもない! 人生最悪だよ…」

Tの負の気持ちが次々に噴き出します。このままでは埒が明かないと思い、Iの言葉が必要だと考えました。Iを呼びに行き、Tのことを伝えました。Iは「Tと仲直りしたい。でもTが怒っていて話しかけられない」と言うので、二人でTのもとに向かいました。


 IがTのいる部屋へ入ります。しかしTの表情は変わりません。

「リーダーは、Iがこの軍の総大将として一番適任だったと思っている。でもIはTとこのままで終わりたくないんだ。だからIからTに謝る。それは、仲直りのためだ」

IがTをじっと見つめ、

「総大将なのに、転んで負けてしまってごめん」

迷いなく謝りました。少し沈黙が流れます。どうなるか、これで良かったのか、いろいろな気持ちが渦巻きます。そして、Tが口を開きました。目には力が入りながらも、泣き疲れてちょっと枯れた声でした。

「来年は勝てよ」

TがIにバトンを託した瞬間。私はTの内に秘めた熱い気持ちとIを想った優しさに触れられたことがとても嬉しく、最後には3人で泣きました。班のメンバーで集まると、もういつもの自然な笑顔に戻っていました。


「もめごとはこやし」

野外体験では、こういったさまざな葛藤を乗り越える場面がいくつもあります。それは何ものにも代えがたい経験として、大きな心の糧になると私たちは信じています。改めて、花まるグループが教育理念として掲げている「魅力あふれるモテる人」「メシが食える大人」を目指して、たくましい心を育てていく教室長でありたいと思いました。

アノネ音楽教室/花まる学習会

町田光優(まちだ あきひろ) - ”まっちー先生”


ーーーーーーーーー

コラムに対するご感想などがございましたら、

info@anone-music.comまで、ぜひお寄せください♪


閲覧数:118回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今年度の検定試験シーズンも残りわずかになりました。それぞれ試験日は異なりますが、多くの子どもたちが当日の演奏を終え、なかには既に講評用紙や表彰を受け取ったという子もいるかと思います。保護者の皆さまの多大なるサポートに、いま一度感謝申し上げます。 「検定試験」とは、個人実技レッスンに通っている小学1年生以上の子どもたちの、年に1回の大きなイベント(特別授業)です。個人実技レッスンには「ノワー1級」「

私が中学1年生のときのこと。所属していたジュニアオーケストラで、初めての海外演奏旅行に出かけました。この年は、オランダの大聖堂が舞台でした。 そのオケは、下は中学1年生から、上は大学4年生までで構成されていました。もともと違う支部のオケに参加していたのですが、海外演奏旅行があるということで、隣の支部のオケにまたいで参加することになりました。 20年以上前に遡りますが、練習初日のことは鮮明に覚えてい

執筆者紹介:濵口実莉(はまぐちみのり) 子どもたちからの愛称は”みのり先生”。専門の楽器はクラリネット。 お茶の水校・オンライン校 集団音楽教室 水曜日クラス(年中長コース・小学生ベーシックコース)、および土曜日に開講しているリトミックコースの教室長を担当。1歳半から小学生の子どもたちの指導にあたる。また、アノネ音楽教室のイベント運営も担当。学生時代に吹奏楽部を部長として取りまとめた経験も活かし、