日本バッハコンクール 受賞記念インタビュー

2014年より、アノネ音楽教室の集団音楽教室とピアノの個人レッスンを受講している4年生の松山滉杏さん。先月に開催された2020年度の日本バッハコンクール(https://www.bach-concours.org)の全国大会で銅賞を受賞されました。

今回、受賞を記念して滉杏さん、お母さまにコンクールを受けるまでの道のりや、日頃からの音楽への向き合い方などをオンラインで伺いました。



【インタビュアー】

・アノネ音楽教室代表 笹森壮大

・レッスン講師 稲島早識


▼音楽の習い事の始め方について

笹森:レッスン、集団音楽教室は、いつ頃始められましたか?


お母さま:まずは個人実技レッスンを4歳から始めて、集団音楽教室は小学1年生から始めました。


笹森:アノネ音楽教室を最初に選んだきっかけは何ですか?


お母さま:音楽教室をどこにするかとても悩みまして、1番の理由は笹森先生の書籍を読んで、立ち上げた経緯、方針や考え方に共感したことがきっかけです。


笹森:そうだったんですね ! ありがとうございます。滉杏ちゃんは集団音楽教室の授業で好きな教材はありましたか?


滉杏さん:音なぞ(小学生ベーシックコースの音楽理論テキスト)やプリモ(音楽教育アプリ)。


笹森:へえ〜!音楽理論系が好きなんだね!



▼コンクールについて

笹森:滉杏ちゃん、改めてコンクールの受賞おめでとうございます。今回のコンクールで演奏した曲は何ですか?


滉杏さん:地区大会ではバッハのインヴェンション第8番、全国大会ではバッハのインヴェンション第4番を弾きました。


笹森:コンクールに出た経緯を教えてください。


滉杏さん:毎年稲島先生とどのコンクールに出るかを話し合って決めています。


笹森:稲島先生、コンクールに出そうと思ったきっかけはありますか?


稲島:滉杏ちゃんに凄く音楽性があるのと、音楽は競うものではないけれど、ライバルが近くにいることで刺激を受けて成長できると思いました。


笹森:最初は何年生のときに出ましたか?


滉杏さん:2年生のときです。


笹森:これまでのコンクールを通して一番思い出に残ったことや、感じたことはありますか?


滉杏さん:いつも家で練習しているときとは違って、大会だから緊張するけど音の楽しさも感じられました。


笹森:お〜すごいね!(驚き)どういうところに楽しさを感じましたか?


滉杏さん:音の響き。普段はホールではあまり弾けないから!


笹森:コンクールで楽しめる余裕があるのは凄いことだね。


▼練習に関して

笹森:コンクール以外でも、ピアノを弾いていて良かったな、ピアノが好きだなと思う瞬間はありますか?


滉杏さん:難しい曲や大好きな曲が弾けたとき、私が弾いた曲を聴いて美しい曲だなと思ってもらえたときが嬉しいです。


笹森:反対に、くじけそうになったときはありますか?


滉杏さん:練習していても、難しくてできないと大丈夫かなと不安になるときもあります。


笹森:そういうときはどのようにして乗り越えていきますか?


滉杏さん:レッスンで稲島先生が教えてくれた練習方法とか、お母さんが教えてくれた練習方法を混ぜて練習していきます。


笹森:練習でどんなを工夫していますか?こういうところに気をつけて弾く!とか、自分なりにこだわっていることや、考えて練習することはありますか?


滉杏さん:最近は、部分練習、リズム練習をするとき、5分間タイマーを付けて練習しています。コンクールに向けた練習のときは、場面が変わるときに気持ちも入れ替えなければならないので、それに苦労しました。


笹森:気持ちも入れ替えることも意識しているのはさすがですね。どのようにして気持ちを入れ替えていますか?


滉杏さん:楽譜を読んで短調なのか長調なのかなど分析してみて、気持ちを入れ替えています。


笹森:はあ〜なるほど。コンクールになると、表情の豊かさも大事だからね。

   今言った練習方法とかで、何回も同じ部分を練習するとイライラしたり面倒くさいと思ったりしないですか?


滉杏さん:弾いている曲が私の好きな曲であればもっと上手くなりたいと思います。時間を測って集中すると「もう終わったのか」と思ったりもします。


笹森:じゃあ、5分間弾いても上手く弾けなかったときはどうするの?


滉杏さん:同じ曲で他の部分練習をしたあとに戻ってきたりします。


笹森:その練習方法はどのようにして見つけたんですか?


滉杏さん:自分で…あ!そうだ!と思って思いつきました。


笹森:あははは!(笑い)素晴らしいね!練習していてストレスが溜まることはないですか?

先生嫌な質問ばかりしているね(笑い)正直に教えて欲しくて、先生は練習ってストレスが結構かかるものだと思っているのね。それ自体は全然悪いことじゃないと思っていて、そこにどうやって向き合うかが大事だと思っていているから、滉杏ちゃんがどう感じているか知りたいな。


滉杏さん:弾いている曲で特に好きな部分が、最初は譜読みをしていて一番弾けない部分だったりするけど、でも好きな部分だからこそ「やらなければダメだ」とか「やりたい」と思います。


笹森:素晴らしい。なんでそんな風に思えるようになったか、先生知りたいな、また順番に質問していくね。



▼お母さまの練習の関わり方について

笹森:では、次はお母さまに質問です。小さい頃から見ていて練習の仕方や向き合い方、モチベーションの変化はありましたか?


お母さま:変化はとてもありましたね。こちらもモチベーションを上げることが難しくて…

特にもう10歳になると自分の意見がはっきりしてきますし、もちろん反抗的なことも言います。私がずっとそばにいて練習という昔のような練習はできないです(笑い)

曲の読み始めが特に大変で、気持ちが凄く下がってしまうんですね。

弾けてくると吸収はとても早いのですが、そこに到達するまでの壁が大きくて、目標に到達するまでは、私が「ここのフレーズかっこいいよね!」と弾いて聴かせてます。


笹森:へえ〜!!(驚き)お母さまもそんなに弾けるのですね!お母さまもピアノを練習されているのですか?


お母さま:娘と同じように毎日練習しています。


笹森、稲島:ええ〜〜!!(驚き)


笹森:でもそれは凄いキーワードだと思います!


お母さま:今、娘の曲がどんどん増えてきて、私がとても楽しくて!色んな曲が弾けるので!


笹森:え〜!じゃあ、お母さま大人レッスンをぜひ稲島先生のところへ来てみてはどうでしょうか(笑い)

大人が背中を見せることが一番子どもにとって刺激になるというのは、花まるの代表の高濱も言っていますが、その効果はあるかもしれないですね。

ちなみに、なぜ練習しようと思ったのですか?


お母さま:私自身ピアノが好きなので、曲を弾きたいと思うのと、娘が弾く曲に対して先に弾けていないと嫌だと思って(笑い)曲の面白い部分や難しい部分をより勉強したいと思っています。


笹森:うわ〜それは素敵ですね!!


滉杏さん:私が譜読みするときにお母さんが弾けているから、耳で覚えて弾きやすくなったりします。


笹森:それは大きいね!今は滉杏ちゃんは分からないことかもしれないけど、本当にありがたいことだね!お母さんに感謝しないとだね!(笑い)


笹森:基本的に練習は付きっきりで見られているのですか?


お母さま:そうですね。でも、年齢が上がるたびに、自分の練習方法があるので、そこには口出しせずに1人で練習させています。


笹森:だんだん反抗期がきて、これから言うこと聞かなくなってくるかもしれないので…高学年の生徒でもよくあるのが、練習で明らかに音楽的に違うと指摘したら「この曲がどれだけ難しいか分からないのに口だすな」とか「先生はそう言っていないとか」子どもが言って、その反抗的な態度にお母さんが頭にきて、という話はいたるところでよく耳にします(笑い)高学年として健全なんですけどね。滉杏ちゃんも気をつけてね。


滉杏さん、お母さま:(お互いに見合って笑って頷く)


笹森:年中長の頃はどのくらい練習していましたか?


お母さま:30分~1時間くらいでしょうか。


笹森:だんだん小学生にあがっていくにつれて時間が伸びていきま