代表笹森コラム 9月号

最終更新: 2020年11月18日

 あっという間に夏が過ぎ、肌寒い季節になってきました。今年は特に、子どもたちが健康でいられるように対策を講じながら、我々講師陣も体調管理には一層気を張っていきたいと思います。またクリスマスコンサートを始め様々なイベントを見送る運びとなりました。心から残念に思いますが、関わる全ての人の安全には変えられません。その分、講師によるオンラインコンサートなどの企画も考えておりますので、どうぞご期待ください。


 先日、日本ラグビー協会のコーチングディレクターの中竹さんと対談を行いました。動画で観られた方もいらっしゃったかもしれませんが、私自身にとっても学びに溢れる時間となりました。中竹さんの著書の中で印象的だったのは、「オフザフィールドがチームを強くする」という言葉です。「オフザフィールド」とはボールを持たない時間をどう過ごすかという概念。ピッチの上では、ボールをもたない人の動きが実は重要であり、更にはピッチの外でも同じだというのです。ラグビーの強豪国であるニュージーランドでは、チームの仲間同士で食事をしたり、ボールを持たない時間をいかに過ごすかがチーム力の強化と深い相関があるといわれており、実際にこの「オフザフィールド」を研究するリサーチャーがいるそうです。


 さて、話は変わります。私は月1回のオーケストラコースを担当しているのですが、先日久しぶりにリアルで人が集まりました。そこに先日新しく入会したH君の姿もありました。彼は現在4年生で、私が集団のベーシックコースを二子玉川で教えていた時、2年生だった生徒です。明るく前向きなH君は当時から教室を活気づけてくれていました。H君は、音楽教室の『おぺら』(伝記教材)の時間が大好きで、授業中の口癖は「早く生演奏聴きたい!」でした。『ぽるか』や『きりえ』なども生演奏ですが、彼に