代表笹森コラム 7月号

 昨今は一向に抜け出せない長いトンネルの中にいるようですが、皆さま健やかにお過ごしでしょうか。3月にオンライン授業施行へ舵を切り、7月からオンライン授業とリアル授業の並走。ここまで走り抜けてこられたのも保護者の皆さまのご理解とご助力があってのものだと、身に染みて感じています。突然の環境の変化でストレスが増す中、リトミックからエキスパート、レッスンと、音楽教室と各コンテンツの新しい枠組みに都度対応していただき、誠にありがとうございました。そんな中で、子どもたちの笑顔や保護者の皆様からのたくさんの励ましの言葉に社員一同、何度も勇気づけられました。本当にありがとうございます。

 コロナと共存していくことが前提になりつつありますが、今年度は桜の花も新芽も見ることもなく、ひたすら自宅に篭り、パソコンと対峙する時間ばかりが増えました。

私は定年退職をした母と父、それから祖母を長野から呼び寄せて、4月から一緒に住み始めました。なぜ一緒に住み始めたかというと、認知症が始まった祖母と、持病で右半身不随の父のケアを母だけ負担するのは…というと聞こえはよいですが、それとは別に私の中に幼少時代の食卓での団欒の風景をもう一度、という気持ちが残っていたからです。そんな中ちょうどコロナが重なりました。かれこれ15年以上家族と生活をしていなかったので、家族のイメージが美化されていたのでしょうか。認知症の祖母と、父母との同居の大変さをすっかり忘れていました。その話はまた後ほど。

 先日レッスンでは、検定試験がはじまりました。検定試験とは、小学生以上のレッスン生を対象とした試験で、年に1度課題曲に取り組み、撮影をするというものです。私の門下でも実施しましたが、例年と時期がずれた中でも子どもたちはよく頑張りました。そして保護者の皆さまにもたくさんのサポートをいただきました。そんな中、高学年の子が反抗期に入ってきたなぁ、と感じる場面に遭遇しました。オンラインでの授業中、