代表笹森コラム 11月号

 早いもので間もなく師走となりますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。新型コロナウイルスの世界的流行が始まってから1年近く経とうとしています。この時期にクリスマスコンサートに備えた練習や準備がないことが寂しく、あの舞台が本当にないのかなと、実感がわきません。そんな今年も少しでもこの季節を楽しめるよう、先生たちからのクリスマスプレゼントとしてオンラインコンサートを行いますので、ぜひご覧ください。


 先日まで受験のため長期休会をしていた中学1年生のKくんが、ジュニアオーケストラと実技レッスンに戻ってきてくれました。Kくんとの出会いは、彼が小学1年生のころ、私の花まる学習会の教室に入会したときのことでした。それから3年間花まるの教室で一緒に過ごし、アノネ音楽教室の開校後は、私のチェロのクラスにも通うようになりました。とても優しく穏やかな子でありながら、ジュニアオーケストラではひょうきんな一面も見せ、仲間から慕われています。この11月に久しぶりにジュニアオーケストラに戻ってきたときも、休会期間のブランクを感じさせないほど、自然にとけ込み楽しんでいました。さらに、Kくんにはこの1年で心身ともに目を見張るほどの成長を感じました。受験を経て肝がすわったのか、これまでになかったような骨太さを感じ、優しさの影にあった物怖じするような態度もなくなっていました。子どもたちの成長に対する嬉しさやある種の寂しさを感じながら、このように長く一緒に並走できることは、この仕事の冥利に尽きると感じます。

 そんなKくんが在籍しているジュニアオーケストラ、そしてソルフェージュや合唱、アンサンブルを学ぶエキスパートコースは、子どもたちの音楽を通じた輪が末永く続くために存在しています。子どもたちも「〇〇くん/ちゃんがいるから行きたい」と言っています。彼らにとって友だちと一緒に音楽を楽しめることには代えがたい価値があ